連載 「地球を観る(ライブラリ)」 鉤状の砂嘴,野付半島,北海道,日本

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 北海道の東部根室海峡に面する野付半島。独特の形状を示す砂嘴。周囲の海岸付近の砂礫や河川から運搬された砂礫が、沿岸流により運ばれて作られた地形。野付半島では先端部がいくつにも分岐し、内陸部に曲がった鉤状砂嘴を形成している。
 北に位置する知床半島沿いに流れ込む定常的な海流によりつくられ、外海側では粗粒の、内陸側では細粒の堆積物が分布する。
 半島の内陸側は尾台沼と呼ばれ、また先端部には以前の森林が枯れて埋もれた観光名所トドワラがある。

081_Notsuke.jpgASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top