連載 「地球を観る(ライブラリ)」 世界最大規模のデルタ,ガンジス川デルタ,バングラディシュ

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 バングラディシュ南端、ガンジス川デルタ。ヒマラヤ山脈南西部に発するガンジス川と同山脈北西部に発するプラマプトラ川が合流した後、約300kmもの間互いに激しく合流・分流を繰り返し、複雑な網状の水系を形成している。この付近一帯はガンジスデルタと呼ばれ面積は約6万平方kmにも及ぶ。世界最高峰の山岳地帯と,世界有数のモンスーン地帯がこの世界最大のデルタを作り出した。
  画像はその南端部で、河底(海底)は淡い青色の色調で、水深が極めて浅く海底での堆積が進行していることを示す。画像南部の濃い赤色はマングローブ、ニッパヤシなどが群生している森林地帯でサンダルバンと呼ばれている。

075_Bangla.jpgASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top