連載 「地球を観る(ライブラリ)」 南極大陸の"熱い"山,エレバス火山,ロス島,南極

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 エレバス火山は1841年にイギリスのジェームス・ロス探検隊により発見され、1908年同じくイギリスのアーネスト・シャクルトン隊により火口のカルデラ壁に初登頂された南極大陸で最も活発な活動を続ける火山である。
 1日に数回のストロンボリ式噴火を繰り返し、山頂部には世界でも珍しいフォノライトの溶岩湖を有す。この山は成層火山を呈し、画像にみられるように三重のカルデラにより構成されている。
 エレバス火山から南側に延びるHut Point半島の先端には米国最大の南極観測基地であるMcMurdo基地とニュージーランドのScott基地が位置する。

059_Erebus.jpg
ASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top