氷河が削ったU字谷,アスパイアリング国立公園,ニュージーランド

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 ニュージーランド南島の南西部、南アルプス山脈に位置するマウントアスパイアリング国立公園。1万4千年前の氷河期末期に氷河が後退した名残であるU字谷が認められる。
 一般に河食によりできる谷はV字の横断面をもつが、氷食による場合はU字を示す。U字谷の横断面は、急な谷壁とそれと対照的に融氷河流堆積物が分布する平坦な谷底面の組み合わせが特徴である。
 この地域はテ・ワヒポウナムと呼ばれ、クック山、フィヨルドランド、ウェストランド、アスパイアリング山の4つの国立公園を含み、山脈、河川、氷河、フィヨルド、ブナとリームーの森林からなる雄大な自然が特色で世界遺産に指定されている。

087_NZ_Fiord.jpg
ASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top