世界最大級の塩基性~超塩基性岩体 ブッシュフェルト複合岩体,南アフリカ共和国

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 ブッシュフェルト複合岩体は、原生代トランスバール系の上部に貫入した層状塩基性岩および花崗岩質岩からなる。その分布規模は東西480km、南北240kmに及び、層状の塩基性~超塩基性岩体としては世界最大級のものである。
 この複合岩体のうちのルステンバーグ・レイヤード系列は白金・クロムを主とする有用鉱物が腑存しており、この系列のメレンスキー・リーフとよばれる層準は白金族元素を特徴的に含むことで有名である。
 この画像はブッシュフェルト複合岩体のうち、西部岩体の南半を撮影したもので、南縁部外側に白金・クロム鉱山が分布する。

011_Bushveld.jpg

ASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top