世界最大のインパクト・クレーター,フレダフォート環状構造,南アフリカ共和国

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 南アフリカ中央北部、ヨハネスブルグ南西約120kmに位置するフレダフォート環状構造。この環状構造は未確定のインパクトクレーターではあるが、隕石の衝突環境下で形成される鉱物が産出することなど多くの地質的な特徴から、約20億年前に形成されたインパクトクレーターであると考えられている。直径は100km以上に及び、インパクトクレーターと推定されるものの中で世界最大規模のものである。この画像はその南西部の一部を撮影したものである。
 フレダフォート環状構造の地質は中央部に花崗岩質片麻岩を主とする基盤岩類が分布し、外側に向かって新しい地層が分布する。さらにそれら新しい地層を基盤岩類が取り囲むような分布を示すことが特徴である。

091_Vredefort.jpgASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top