デルタの巨大迷路,カッチデルタ,インド

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 インド西部のカッチ湾のデルタ。北はカッチ大湿地(GreatRannofKutch)、西はカッチ小湿地(LittleRannofKutch)、南はカシワ-ル半島に囲まれた地域。
 グジャラット州の西部大部分は、海水面とほぼ同じ高さの第四紀の沖積平野に発達した塩分に富んだ巨大な湿地からなる。カッチの湿地は、リトルランとグレートランに分けられ、リトルランには迷路のような水路があり、また2つのランは部分的に水はけの悪い泥地となっており、乾いた塩で覆われた古い泥の平地が分布する。
 地表面に残る塩は、雨季に南西から強く吹き付けるモンスーンの影響により海水が湾内に押し寄せられ地表を覆い、それが乾季に乾燥して形成されたものである。

077_Kutch.jpg
ASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top