世界最古の岩石からなる楯状地,カナダ楯状地,北西準州,カナダ

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 北アメリカ北東部に分布する世界最大の先カンブリア盾状地で大部分がカナダに位置する。ローレンシア楯状地(Laurentian Shield)とも呼ばれる。
 カナダ楯状地は中央部に向って低くなっており、最も低いところにハドソン湾を形成している。また、カナダ楯状地は、造山帯に基づいて幾つかの地質区に区分されており、画像で示された地域は"Churchill区"と呼ばれる。このChurchill区の多くは、変成岩や花崗岩類で構成されている。
 植生はまったく認められなく、氷河期に削られた無数の傷跡が浮き出されている。

047_CanShield.jpg

ASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top