サハラ砂漠から覗く巨大な地球の眼,リシャット構造,モーリタニア

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 アフリカ北西部、中央モーリタニアのサハラ砂漠西端にあるリシャット構造は、直径が約38kmにも及ぶ巨大な環状構造である。
 当初、リシャット構造はインパクト・クレータと考えられていたが、特有の鉱物が存在しないこと、直径に比べて深さが浅いことなどから、貫入岩によって形成されたドーム構造であるとされている。ドームの周縁部は浸食に対する抵抗度の高い珪岩で構成され、周囲から100m程度の高さを有す。
 画像の上部に見られるように、リシャット構造の北にはサハラ砂漠のマクテール(Makteir)砂丘が広がる。

013_Richat.jpg

ASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top