©qzss.go.jp

準天頂衛星「みちびき3号機」
8月11日に打ち上げ

日本版GPSみちびきの3号機の打ち上げ日時が決定

この記事は、約1分以内で読めます。

記事のポイントを見る
  • 日本版GPS「みちびき」の3号機の打ち上げが決定
  • 高度な測位が可能になる
  • 2023年までに7機体制となる

JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)は準天頂衛星「みちびき3号機」の打ち上げを8月11日に行なうと発表した。種子島宇宙センターから、H-IIAロケット35号機(H-IIA・F35)で、14時頃〜23時頃に打ち上げられる。

日本版GPSともいわれる測位衛星「みちびき」。GPSを保管してより高精度な測位が可能になる。2017年は2号機から4号機までが打ち上げを予定しており、2020年までに8機を配備予定。

H-IIAロケット35号機による 「みちびき3号機」(準天頂衛星システム 静止軌道衛星)の 打上げについて

そらこと編集部

編集部がセレクトした記事をお届けします そらこと編集部

宇宙ビジネスのすべてがわかるメディア「そらこと」の編集部です

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top