砂に覆われた環状構造,ロッターカム・インパクトクレーター,ナミビア

資源探査用センサASTERが観る地球の姿

この記事は、約1分で読めます。

 アフリカ南西部ナミブ砂漠南端付近に位置するロッターカム・インパクトクレーター。クレーター内部は風成堆積物で埋没しているが、クレーター外縁部はみごとな円形の形状を示している。クレータの径は2.5km、約370万年前の隕石の衝突によって形成されたとされている(ただし未確定のクレータ)。
 クレーターの外縁部は基盤岩である先カンブリアの地層ではなく、隕石の衝突により生成された衝突角レキ岩により構成されている。
 ロッターはドイツ語で赤(rot)を意味し、太陽高度が低い早朝あるいは夕方にクレータが赤く染まることから、その名が付けられた。

097_Roter_Kamm.jpg

ASTERプロジェクトサイト

株式会社アフロとJ-spacesystemsは、地球観測データによる衛星画像や3D地形データ等デジタルコンテンツの提供をしています。

詳しくは株式会社アフロのWEBサイトをご覧ください。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top