地球観測データの農業活用
産官学でブランド米を(後編)

青森県のブランド米を作るのは衛星データによる農地管理。産官学連携で衛星データを活用する。

この記事は、約11分で読めます。

記事のポイントを見る
  • 厳格な出荷基準が定められているため、水田ごとに管理できるリモートセンシング技術が最適
  • 若くて経験のない人やこれから就農する人にも難しくないというメリットも
  • 農家とJAと県がチームを組んで三位一体で研究を続ける

前回は、青森県で人工衛星を使ったリモートセンシングの導入を立ち上げた、地方独立行政法人 青森県産業技術センターの境谷部長に「リモートセンシング技術による米作りとは何か」を伺った。
そこで今回は、実際にリモートセンシング技術を活用した米『青天の霹靂』作りに取り組む農家・JA・県のそれぞれお三方に、実際に農業の現場でリモートセンシング技術がどのように使われているのか、というお話を伺ってみよう。

青森県農林水産部 農産園芸課 稲作振興グループの三上竜平主査、JA津軽みらい 尾上基幹支店の山口博之副調査役、そして青森県農業経営士の工藤憲男さんは、リモートセンシング技術を活用した『青天の霹靂』の試験栽培からチームを組み携わっているお三人だ。

7f78af438bb1ae2a0c7f14b724e666e16fe74f32.jpg

リモートセンシング技術を活用した米作りの取り組み

そもそもリモートセンシング技術を活用した米作りとは、人工衛星で観測したデータと地上のデータを用いて稲穂の状態などを観察し、最も食味の高いタイミングで収穫するというもの。
現在青森県では、青森県産業技術センターで作成した人工衛星からのデータ解析マップを基に、JAが農家に対して最適な施肥量や収穫時期を指導する、という運用が為されている。

工藤「これまでは、我々農家が経験に照らし合わせて「これぐらい稲が黄色くなったから刈り取ってもいいかな」など判断してたんです。リモートセンシング技術は、その稲の色なんかも数値にして可視化してくれてるわけです。
それも全て「どうしたら美味しいお米ができるのか」に特化して進めていることなんですが、消費者の方からの評判もいいようです。」

元々は、津軽地域で栽培されていた当時の青森トップブランド米『つがるロマン』の食味を人工衛星で見極める、『おいしさキャッチ米』という取り組みが、青森県におけるリモートセンシング技術を活用した米作りのきっかけとなっている。
この『おいしさキャッチ米』は、食味の良さと品質管理の厳しさから、市場での人気は高かった。しかし、青森県産米の悲願ともいえる初の「特A米」評価には届かなかったのである。

三上「当時は『つがるロマン』で「特A」を取ろうと頑張ったんですが、どうしても「特A」評価を取ることができなかった。そこで新しい品種が必要だという話になり、平成26年に誕生したのが『青天の霹靂』です。
品種名である『青天の霹靂』は、1万件以上の公募の中から選ばれ、三村申吾青森県知事自らが会見を行って、名前を発表するなど、とにかく県としてかなり気合いを入れて取り組んでいたわけです。」

工藤「農林総合研究所から試験栽培を依頼されたんですが、最初に食べてみた時は感動しましたよ。まさに名前の通り『青天の霹靂』、稲妻に打たれたような衝撃的な美味さでした。」

28c7660e3c8727065315a8c801b189b60d559495.JPG

『青天の霹靂』作りの現場

『青天の霹靂』は、デビュー時からすでに『おいしさキャッチ米』で蓄積されたリモートセンシング技術で栽培する、と決められていた。
『青天の霹靂』の栽培は許可制であり、登録された生産者に対して申告された作付面積に見合った最低限の種子量しか販売しない。また、生産工程のチェックも行い、出来上がったお米にも、玄米タンパク質含有率が水分15%換算で6.4%以下(乾物で7.5%以下、高いと食味が落ちる)検査等級1・2等など厳格な出荷基準が定められている。そのため、水田ごとに全てが管理できるリモートセンシング技術の導入が最適だったのだ。例えば、同じ農家が同じ栽培をしても水田によってできる米のタンパク含有率が高い低いという差が出る。だが従来、同じ農家の米は、収穫して出荷する際にはタンパク含有率の高い米も低い米も混ざってしまっていたのである。

『青天の霹靂』は、出荷ロットごとに米のタンパク質含有率を食味計で確認し、出荷基準を満たす米だけをブランド米として出荷している。
さらに、リモートセンシング技術による「タンパクマップ」を利用することで、何処の水田でタンパクが高いのかを把握することが可能だ。また『青天の霹靂』を栽培している農家とその水田を地図データ化している。
リモートセンシング技術を活用した米の取り組みは他県でも進められているが、ここまで本格的な管理は未だ行われていない。『青天の霹靂』は、そういう意味で日本の中でも最高水準でしっかりとした品質管理を行っている米だと言えるだろう。

工藤:青森県のお米って言われても、どんな米があるのかピンとこないでしょう?青森県にはリンゴしかないと思われているんです。
そこで「青森県のお米はこうやって農家がきちんと作ってます」「農協がきちんと指導してます」「県の方針はこうです」と全て説明できて、栽培履歴も全て残っていて、だから美味しいお米なんですよ、と消費者の皆さんに伝えられる米作りがしたかったんです。
また、リモートセンシング技術を活用した米なら、若くて経験のない人や、これから農業を始めようという人でもさほど難しくない。これも大きなメリットでしょう。私は40年ぐらい米作りに携わっているので「ここの田んぼはこうすれば美味しいお米が作れる」というのを経験則から言えるけど、でもリモートセンシングのデータがあれば、「ここは明日には刈り取ろう」「こっちは来年、このくらいの施肥量にしよう」などとJAの指導員さんが数値で教えてくれる。データってすごいな、と驚きましたよ。

先に述べたように、タンパク質含有率をはじめとした出荷基準を満たしていないものは『青天の霹靂』として販売することができない。それどころか、食味を高めるために10aあたりの収量を抑えているので、通常の米と同じ値段で売っても損をしてしまう。
刈取時期を遅らせることや肥料を増やせば収穫量を上げることはできるが、それでは食味が落ちる。
農家としては辛いところだが、それでも美味しいお米を消費者に届けたい、青森県を代表するブランド米にしたい、という思いは大きい。

そしてその思いは結実し、『青天の霹靂』は米流通業者やお米マイスターからも注目を浴びるようになった。
そこで現在では、農薬を半分にし、化学肥料を減らした"特別栽培米"という取り組みも始まっている。
ただ、この"特別栽培米"は当然のことながら栽培が難しい。

山口「新しい取り組みにも、リモートセンシング技術が有効なんです。土壌の有機物含量(肥沃度)や米のタンパク質含有率まで全て数値化されるので、「ここの土壌では美味しくならないな」といったようにデータで理解できるし、逆に「こうすればいいんじゃないか」といった指導にもつながる。農家さんも数値で見れば「自分の田んぼは、こうなっているのか」と納得してもらえるので、とても助かっています。」

いま、日本人の米の消費量は、年間一人当たり1㎏ペースで減り続けている。特に、家庭で炊飯器を使って米を炊く、という機会は大きく減少しているという。
それならば、せめて本当に美味しいお米を食べて欲しい、と工藤さんは言う。

工藤「本当に美味しいお米を食べてもらうために、農家とJAと県ががっちりチームを組んで三位一体で研究を続けています。それが、現在のリモートセンシング技術を活用した米作りの一つの流れになっているんだと思います。」

経験とカンに頼らない米作りへ

青森県のリモートセンシング技術を活用した米作りは、もちろんこれが完成形ではない。三位一体の研究はこの先も見据えている。

山口「今後は、稲の生育診断もできればいいと考えています。7月の上旬から中旬にかけて、稲の穂が形成される時期があるんですが、そのタイミングで追肥して穂を育てる必要があります。その稲の生育具合で肥料の量も決まるんですが、その正しい量を判断するのが難しい。人工衛星から観測しても、データ解析に1~2週間かかってしまうので、追肥に間に合わない。
今は現場で稲の丈や茎の太さを測るなど昔ながらのやり方でやってますが、今後は人工衛星からリアルタイムに近いデータが取れればもっと的確な指導ができるんじゃないかと思っています。」

今以上に、経験とカンに頼らない農業へ。リモートセンシング技術を活用した米作りは、まだ進化をし続けている。

最後に、今回の取材後に『青天の霹靂』をいただく機会があったのだが、すっきりとした上品な味とシャッキリした食感は、和食など繊細な味つけの料理に良く合う素晴らしいお米だと感じた。
久しぶりにおかわりをしてしまうほど美味いご飯は、人工衛星からの観測データを活用する志に燃えるチームで作られていたのだ。

月に一度、宇宙開発や宇宙ビジネスに関する
最新ニュースをお届けします。

※宇宙ビジネスコートの無料会員登録フォームへリンクします。

Go to page top